金型を3dプリンターで作成すると様々なメリットが得られる

   

金型を3dプリンターで製造するとデザイン性が良くなり品質は向上するというのがメリットです。デザイナーや設計者が手軽に立体的なサンプルを出力することが可能になることによって、検証したり試作したりする回数を増やすことも可能となります。そうすると、かつての技術では作成するのが困難だった形状のサンプルも製造することができるようになり競争力を向上させることに貢献することが可能です。
そして試作品を外注で製造してもらうと外注費用が発生しますが自社で試作品を製造できるようになるので外注費用を減らすことが可能となり大幅に開発費用を減らすことができます。ですので開発者はもっとたくさんの試作品を作成することが可能で新しい挑戦に挑みやすくなるのです。たくさんの試作品を作成することによって結果としてより良い製品を提供することに繋げられます。

自社で試作が可能となり費用と時間を大幅に削減

試作品の作成を外注に依頼すると完成し納品されるまでに数日から数週間ぐらい時間がかかっていたところが3dプリンターを使って金型を作成したときは数時間で完成させることができます。外注に作成を依頼したときには試作品が納品されてから確認することになるので修正するところがあって何度も試作品を作り直さなければならない場合に費用と時間がかかってしまうのです。
その一方で自社で試作品を作成するときにはその場で必要が生じる度に試作をして修正と確認を短時間で何度も繰り返すことが可能になるので開発費用を抑え、完成までにかかる時間を短く縮めることができるようになります。そして突発的に設計が変更されたときなどにも対応することが可能なため設計部門と製造部門が連携しやすくマーケットに提供するまでにかかる期間を短縮することが可能になり品質を向上させることに繋げられるのです。

製品の開発に関する情報を管理しやすくなる

自社で3dプリンターを使って金型の試作品を作成することによって立体的なサンプルを手に取りながら打ち合わせをすることができる様になります。ですので正確でスピーディーな意思の共有をすることができる訳です。取引先の中には専門的な図面の知識のない方もいるので立体的なサンプルを手に取りながらの打ち合わせは分かりやすく有意義になります。
そして開発している最中の製品の図面などを外注先に預けなければならない必要性がなくなるのでデザインや設計仕様などといった大切な情報が漏洩する危険性を低くすることができます。3dデータを遠く離れた現場に送信して、その場で試作品を作成することが可能になれば現場との確認作業も順調に進めることが可能となりコミュニケーションをとりやすくなるのです。

金属3Dプリントの拠点地は横浜市都筑区です。 ウェブサイトから自動見積もり、インターネットからのお申込みも承っております。 弊社では保有しているプリンターで受託製造もしています。 100社160台以上の3Dプリンター導入実績。 ものづくりはさらなる発展をむかえようとしています。 弊社事業のお問い合わせはお気軽にどうぞ。 金型物を3dプリンターで複製する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

金型職人とも言える3dプリンターについて

1台の自動車に使われている部品点数は10万点を超えると言われています。自動車の部品には金属や樹脂、ゴムなど様々な材料が利用が行われており、成型機とプレス機、そして型を使って製造が行われています。型は金...

3dプリンターを導入して自社で金型や試作品を製作する

3dプリンターはどんどん進化していて近頃では金型を製作できる様な性能の機種も登場してきています。立体的な試作品を自分の会社で作成できるようになると様々な種類の形状を作り上げることが可能になったり、経費...

3dプリンターにおける金型不要の魅力とは何か

物作りにおいて、3dプリンターは革命を起こす風雲児となっています。最大の特徴はやはり、使いたい素材のみで成形が容易に行えることです。プラスチックでも金属でも従来は形の元となる型が必要でした。しかし型の...


Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.