3dプリンターを利用すれば金型製作のコストを削減出来ます

   

樹脂やゴムの成型では、材料を金型の中に流し入れるなどしてモノ作りが行われています。金属製の枠組みでもある原型になるものです。一つの部品を作る時には何度かの試作製作が必須です。材料の流れ方が悪ければ不良率が高くなる、ゴム材料などの場合は再利用が出来ないため、不良率が高くなると材料のコストも掛かってしまいます。
最近では、試作品を製作する時に3次元CADを利用して設計が行われていますが、この3次元CADのデータを利用する事で部品を作る事が出来る、3dプリンターがあります。一般的なプリンターは2次元の図面や絵、写真などになりますが、3次元データは立体構造を持つもので、専用のプリンターを使えば部品を出力出来る、部品を3次元データを活用して製作出来る時代になっています。

試作費用を初め全体的な費用削減効果を期待出来ます

樹脂やゴムは高温度に加熱するとドロドロに溶ける性質があります。ゴム成型の場合にはゴム状の板を直接置いて使う場合と過熱を行って溶かしてから成形する方法がありますが、樹脂も含め金型で形を作るのが特徴です。部品の原型となるものがあれば、何度でも材料を溶かして同じものを製造出来るメリットがあるわけですが、元の型を作るまでには3次元CADでの設計、金属を削って形を作り、材料を流して部品の寸法が図面公差に収まっているのかを確認するなどの作業が必要になります。
設計の仕方に応じて材料が上手く流れないケースもあり、改良が必要になる事も少なくありません。試作品から量産品を作るまでにはコストも多く掛かる事になるわけです。3dプリンターは設計時に利用した3次元データを出力する形でモノ作りが出来る、型を作る事なくモノ作りが出来るメリットを持ちます。

生産コストを削減する効果を期待出来ます

3dプリンターは樹脂やゴム、金属など様々な材料の部品を出力出来るようになっています。それぞれ専用の設備が必要になりますが、その都度金型を設計するのと比較した場合、コストを大幅に削減出来るメリットを持っています。3dは3次元を意味するもので、2次元の場合には縦横2つの方向のみとなりますが、3次元の場合は2次元情報に高さが加わります。
ちなみに、部屋の間取り図は2次元の図面になりますが、これを3次元の状態にすると床から天井までの高さ情報を加える事が出来ます。3次元出力が可能なプリンターは部品をそのままの形で出力するのが特徴で、型を製作する事なく、試作部品を作る事が可能になるわけです。また、型の製作が省略される事でコストの削減効果は勿論の事、製作期間を短縮出来るメリットに繋がってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

金型職人とも言える3dプリンターについて

1台の自動車に使われている部品点数は10万点を超えると言われています。自動車の部品には金属や樹脂、ゴムなど様々な材料が利用が行われており、成型機とプレス機、そして型を使って製造が行われています。型は金...

3dプリンターを導入して自社で金型や試作品を製作する

3dプリンターはどんどん進化していて近頃では金型を製作できる様な性能の機種も登場してきています。立体的な試作品を自分の会社で作成できるようになると様々な種類の形状を作り上げることが可能になったり、経費...

3dプリンターにおける金型不要の魅力とは何か

物作りにおいて、3dプリンターは革命を起こす風雲児となっています。最大の特徴はやはり、使いたい素材のみで成形が容易に行えることです。プラスチックでも金属でも従来は形の元となる型が必要でした。しかし型の...