3dプリンターにおける金型不要の魅力とは何か

   

物作りにおいて、3dプリンターは革命を起こす風雲児となっています。最大の特徴はやはり、使いたい素材のみで成形が容易に行えることです。プラスチックでも金属でも従来は形の元となる型が必要でした。しかし型の製作にはコストが掛かりますし、作り直すまでには至らなくても、修正の度にコストが発生します。その点この新しい物作りの技術は、試行錯誤の手間を大幅に不要にしています。
設計は全てコンピュータ上で行えたり、シミュレーションも修正も容易なので、従来よりも手軽に物作りが行えるのが魅力です。更に恩恵は民間や個人にも届いているので、もっと多様な分野に広がり活用される可能性を秘めます。研究用途でも試作品作りでも使えますから、将来性のある革新的な技術となっています。

3dプリンターで金型が不要になる利点とは何か

金型不要の利点は、コスト削減の他にも時間の短縮や、成形のハードルが下げられる点にあります。金属を加工して型を作る以上、これまでは材料費や加工設備が必要でした。そこで時間的なロスも発生していましたから、試行錯誤を繰り返すとなれば余計に時間が掛かっていたといえます。一方のプリンターはその名の通り、紙にイメージを出力するつもりで成形を行うことが可能です。普通のプリンターと異なるのは、出力の際に紙に相当する物を用意する必要がなく、そのまま成形品を出力できることです。
勿論材質や大きさに制約はありますが、それでも自由度の高い成形が行えるのは事実です。利点は他にも、複数の工程を跨るプロセスが省略できたり、成形に必要な設備の省略やコンパクト化が実現するなどが当てはまります。今も研究開発が続けられていたり、進化の途上にある技術なので、これからも可能性が広がるものと期待されています。

3dプリンターは金型のコストが削減できる革命です

物作りで特定の工程が不要になることは、つまりコストが削減される結果を意味します。従来と比較して、同じ物を作るにしても無駄が省けますから、これは企業にも研究機関にも嬉しいものです。今までは加工用の金属を調達したり、設備を用意して念入りに形作る必要がありました。失敗すればやり直しでコストが嵩む結果に結び付きます。ところがこの工程自体が不要になるので、現場にとっては失敗のプレッシャーから解放される喜びに変わるでしょう。
経営者の間では、無駄が減らせてコストも時間も圧縮できると上々の評判です。環境面でも無駄が出にくく、負荷の増加に繋がりにくい点も見逃せないポイントです。発展途上なので完璧ではないものの、現在でも既に完成度の高い物作りが行えるようになっています。採用事例が次々に増えていたり、コスト削減効果も報告されているので、現場において十分に検討に値する技術です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

金型職人とも言える3dプリンターについて

1台の自動車に使われている部品点数は10万点を超えると言われています。自動車の部品には金属や樹脂、ゴムなど様々な材料が利用が行われており、成型機とプレス機、そして型を使って製造が行われています。型は金...

3dプリンターを導入して自社で金型や試作品を製作する

3dプリンターはどんどん進化していて近頃では金型を製作できる様な性能の機種も登場してきています。立体的な試作品を自分の会社で作成できるようになると様々な種類の形状を作り上げることが可能になったり、経費...

3dプリンターにおける金型不要の魅力とは何か

物作りにおいて、3dプリンターは革命を起こす風雲児となっています。最大の特徴はやはり、使いたい素材のみで成形が容易に行えることです。プラスチックでも金属でも従来は形の元となる型が必要でした。しかし型の...