3dプリンターを導入して自社で金型や試作品を製作する

   

3dプリンターはどんどん進化していて近頃では金型を製作できる様な性能の機種も登場してきています。立体的な試作品を自分の会社で作成できるようになると様々な種類の形状を作り上げることが可能になったり、経費を大幅に減らせる様になったりするのがメリットです。そして試作品の形状のデータを確保することが可能となり、そのデータを修正したり変更したりすることも手軽にできる様になるのも大きなメリットとなります。
近頃はたくさんの品種を少ない量で生産することが求められるので自分の会社で作成したい立体的な試作品を、そのまま作成することが可能であるというのは大きな魅力です。完成度が高い試作品を作成することができ問題が発生した場合、簡単に解析することが可能となるため改善することを考慮して作成できます。

色々な形状に対応することができる

金型を自分の会社の3dプリンターで製作するメリットは試作品作成にかかる経費を大幅に削減することが可能なことが挙げられます。なぜ自分の会社で試作品作成をすると経費を減らすことが可能なのかというと様々なことに対応できるためです。近頃は様々な機種を少ない量で生産することが要求される様な環境になってきています。そのため様々な種類の試作品を作る必要がありますが外注しないで自分の会社で製造できる様になれば3dデータを変更するだけで、たくさんの種類の試作品を製造することが可能なため現状の生産方式に適応できることになるのです。
試作品作成にかかる時間も短くすることが可能なためスピーディーに商品化させることができるようになります。その上に様々な形状で製造することが可能なためいきなり完成品を作成して組み立てる手間を省けるのです。

形状データを活用したり精度を高めたりすることができる

金型やその試作品を3dプリンターで製作すれば経費が節約できる上に他のメリットを受けることもできます。例えば立体的なサンプルの形状をデータ化することが可能となるため形状データを活用して様々な分析をすることができる様になるのです。熱によってどのように変形するのかをデータを利用して解析したり、応力解析をして製品の強度を測定するということも手軽に行えます。その上に最も重要となる精度が高い試作品を製造することが可能です。
従来の試作品作成では手作業で調整する必要が生じることが少なくありませんでしたが自分の会社で試作品が製造できる様になると手作業で調整する作業をなくしていけます。様々な形状の立体的なサンプルを作成することが可能なため従来の方法では製造できなかった様な複雑な形状を作成することが可能になったというのもメリットの1つです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

金型職人とも言える3dプリンターについて

1台の自動車に使われている部品点数は10万点を超えると言われています。自動車の部品には金属や樹脂、ゴムなど様々な材料が利用が行われており、成型機とプレス機、そして型を使って製造が行われています。型は金...

3dプリンターを導入して自社で金型や試作品を製作する

3dプリンターはどんどん進化していて近頃では金型を製作できる様な性能の機種も登場してきています。立体的な試作品を自分の会社で作成できるようになると様々な種類の形状を作り上げることが可能になったり、経費...

3dプリンターにおける金型不要の魅力とは何か

物作りにおいて、3dプリンターは革命を起こす風雲児となっています。最大の特徴はやはり、使いたい素材のみで成形が容易に行えることです。プラスチックでも金属でも従来は形の元となる型が必要でした。しかし型の...